【VDC】生活必需品セクターETFは買い時か?

VDC アイキャッチ画像

VDCは生活必需品セクターで構成されているETFです。

不景気に強いとされる生活必需品セクターの商品のため、長期投資家からは人気のETFです。

 

 

構成銘柄

VDCを構成している企業

P&G 11.1%
コカ・コーラ  8.7%
ペプシコ  8.0%
フィリップ・モリス  7.7%
ウォルマート  6.8%
アルトリア  4.7%
コストコ  4.0%
CVSヘルス  3.6%
モンデリーズ  3.3%
ウォルグリーン  3.2%
その他 38.9%

各銘柄のリンク先は当ブログでの解説記事になっています。

 

P&G、コカ・コーラなど日本でも有名な企業で構成されています。

現物株購入の一番のリスクは上場廃止ですが、この銘柄ならその心配はありません。

 

今、VDCは買い?

VDC チャート

安定性の高いVDCですが、年初来の株価は冴えません。

昨年末の株価は146.04ドルでしたが、5月29日の終値は129.82ドルです。

実に10%以上下落しており、他のセクターと比べても大きく下げています。

サポートラインとして機能してきた365日移動平均線をしっかり割っており、

現在も下落トレンドは続いていると考えています。

配当利回りも2.58%とあまり高くないため、私にとっては購入する理由はありません。

 

結論

不景気に強い銘柄が欲しいのであればVHT、

株価の安定性と高配当を求めるのならHDVの方が良いと思います。

ともかく現状のVDCはスイングトレード、長期保有、どちらの目線から見ても買おうとは思いません。

 

👇関連記事はこちら👇