【CVX】シェブロンは買い時か?

シェブロン アイキャッチ画像

シェブロン(Chevron)は米国有数の石油関連企業で、石油メジャーのうちの1社です。

石油事業を採掘から販売まで行なっていますが、採掘などの川上工程が利益の8割を占めていることが特徴です。

連続増配は32年で、現在の配当利回りは3.56%です。

 

 

事業の柱

f:id:antiegel:20180628191335p:plain

石油関連事業は大きく川上事業(採掘)と川下事業(加工・販売)に分かれます。

川上事業は原油高になれば石油の販売価格も上がるため、原油高の流れは追い風になります。

シェブロンは利益の8割が川上事業から生み出されているため、今の原油高は業績にプラスの影響を与えています。

同業社のエクソンモービルは川上事業の割合が6割程度のため、シェブロンよりは原油価格の影響を受けにくいです。

 

業績は原油価格で決まる

f:id:antiegel:20180628191652p:plain

f:id:antiegel:20180628191729p:plain

利益推移 18Q1 17Q1
川上事業 3,352 1,517
川下事業   728   926
その他  -442   239

 

川上事業が主要事業のため業績は原油価格で決まります。

原油も最近は持ち直しつつありますが、歴史的にかなりの低価格だった2016年には年間業績が赤字になっています。

私的には2013~16年に4年連続でフリーCFがマイナスになっている点が不安要素です。アメリカの優良企業で何年もフリーCFがマイナスになっている企業は少ないので、あえてシェブロンを買おうとは思いません。

 

株価は上昇トレンド

現在株価:126.00ドル

f:id:antiegel:20180628193444p:plain

株価は原油価格の上昇に伴って好調で、今年の初頭には2014年7月の史上最高値に近づきました。

このまま年初に多かった強気予想のとおりになれば最高値を更新できると思います。

出典:「原油価格がもう一段上昇する」と読む理由 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

チャートには下値支持線が確認でき、この支持線を割らない限りは保有して割ったら売却でもいいと思います。

 

スポンサーリンク
 

結論

業績があまりにも原油価格に左右されるので、この銘柄よりはエクソンモービル(XOM)やロイヤルダッチシェル(RDSB)の方が保有したいなと思いました。

配当で比較してもXOMは4.01%、RDSBは5.4%とこれらの銘柄の方が高配当です。

ただ、私は原油価格はもう少し上がると思っているので、その点ではシェブロン購入も悪くないと思います。上がればですが...

 

👇関連記事はこちら👇