【決算18Q2】フヤ(HUYA)が決算を発表

f:id:antiegel:20180815162442p:plain

 

中国のライブ動画配信企業である虎牙直播(HUYA)の2018年Q2決算が発表されました

売上高・EPSともに予想を上回りましたが、次期決算の売上高見通しが予想を下回りました。

フヤは無配当銘柄です。

 

 

売上高・EPSともに予想以上だったが...

 

売上高  :1.04B元 (予想 0.99 B元)

EPS  :0.37 元  (予想 0.29 元) 

ガイダンス:1.19~1.22 B元  (予想 1.22 B元) 

 

売上高、EPSが予想を上回り、次期四半期の売上高見通しが予想を下回りました。

フヤにとって重要な指標である月間アクティブユーザー数は昨年同期比+10.8%となっています。

 

広告事業は新たな柱になれるか 

f:id:antiegel:20180815174134p:plain

f:id:antiegel:20180815174343p:plain

 

フヤはライブストリーミングが主要事業ですが、広告業も手掛けています。

ライブストリーミング事業は昨年同期比+124.5%で、広告業は+138.1%と急成長しています。

主要事業はもちろん重要ですが、事業の多角化も重要課題です。

今後の決算では広告業の成長率にも注目していきたいと思います。

 

株価は大幅下落

前日終値:27.60ドル

f:id:antiegel:20180815180350p:plain

 

小型グロース株の特徴でしょうか、ガイダンスが少し下回っただけで前日比-16%の大幅下落となりました。

このままのトレンドで25$は切るでしょうか。

 

また、HUYAに出資しているYYもガイダンスが弱かったため、株価は-13.7%と下落しています。

 

スポンサーリンク
 

結論 -悪決算?-

①売上高・EPSともに予想を上回った

②次期四半期の売上高見通しが予想を下回る

③株価は決算を嫌気して大幅下落

 

小型グロース株は決算に対してとても敏感に株価が反応します。

今はまだ買い時とは思いませんが、そんなに悪い決算とは思わなかったのでトレードしてみたい気持ちもあります。

 

👇関連記事はこちら👇