【PEP】ペプシコは買い時か?

f:id:antiegel:20180608191833j:plain

ペプシコは世界有数の飲料・食品メーカーで、米国株の代表格であるコカ・コーラのライバル企業としてもお馴染みです。

看板のペプシ・コーラ以外にもマウンテンデュー、セブンアップ、ドリトスなど数多くのブランド商品を持っています。

連続増配は40年以上で現在の配当利回りは3.73%。利回りはライバルのコカ・コーラを上回っています。

 

 

ライバルを逆転

f:id:antiegel:20180608200311p:plain

2016年からコカ・コーラにフリーCFで逆転しています。

コカ・コーラの業績がどんどん悪化していっているので、その差は年々開いています。

 

直近の決算はいまいち

f:id:antiegel:20180608195000p:plain

過去10年の年間営業CFは右肩上がりといえる状況です。

直近の決算では売上高、EPSともに予想を上回っていますが、原材料高騰の影響から北米での飲料事業の営業利益は前年同期比で-23%でした。ガイダンスを下方修正したのも、原材料の高騰が影響していると思います。

 

北米以外の事業は好調で、特に中南米では営業利益が40%以上伸びています。

f:id:antiegel:20180608235709p:plain

出典:PepsiCo Investor Info - Earnings, Financial News & Events

 

株価は業績と連動

f:id:antiegel:20180608211705p:plain

株価は2016年初旬以来の低い水準です。

株価とフリーCFは密接に連動しており、ペプシコの今後の業績に期待できる方は買いのチャンスだと思います。

 

スポンサーリンク
 

結論

コカ・コーラとペプシコ、どちらかに投資しようと検討している方はペプシコの方がおすすめです。

北米での事業見通しは少し不安ですが、北米以外の事業が好調なのと3.73%の配当利回りは十分魅力的です。

私は購入しようと思っています。

 

👇関連記事はこちら👇